職場の上司、どこまで招待するべき?

結婚が決まって、いよいよ式場も決めた!
結婚式に向けて、1歩踏み出すぞ~って思った時に、ぶつかるのが招待するお客様ですよね。

両家、バランスが取れるような人数設定も必要だし、どこまでの範囲で招待するのかも考えなくちゃ。
しかも、返事はどうするか。
欠席の方だけ、連絡をもらうか。
出席も欠席も連絡をもらうか。
等々~。

私も招待客&席決めでだいぶ悩んだので、この壁の高さは分かります(笑)。

特に、お仕事をしている場合は、どこまでの上司を招待したらいいのか悩んでしまったりするんですよね。
大企業だと特に悩んでしまうかも。
直接、話したこともない支店長や上司っていう方もいらっしゃるんですもんね。

少し調べてみたら、上司にとっても顔が分からないとか話したことがない部下っていうのは、結婚式に招待されても辛かったりするから、招待しなくても大丈夫っていう意見もありましたよ。

祝福してもらう為と言ったら角が立つようですが、やはりお世話になった上司を招待するのがベターなようですね。
部下に関しても同じことが言えるかもしれません。
幅広い人数を招待するよりも、接点がある方を招待するのが1番良いみたいですね。

とはいえ、会社の状況やその人物の背景なんかが関わってくるので、一概には言いきれませんので、夫婦で話し合ったり、両親や友達の意見なんかを参考に考えるのがいいのかな?

夫婦になるための、結婚式の準備。
大変なことも多いと思いますが、悩んだり頑張ったからこそ、最高の1日になるハズ!
ステキな1日を夢見て、頑張りましょうねぇ~♪

カテゴリー: 結婚   パーマリンク

コメントは受け付けていません。